ひなのお部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れられない人<続編・彼と彼女最終回>

<<   作成日時 : 2007/02/01 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

まぶしい光の中で


早朝、目覚めると彼の腕の中にいた。

久しぶり見る彼の寝顔。
変わらないあのころのまま。

ゆっくりとした呼吸、彼の厚い胸は上下している。
それを眺めているのが好きだった。

彼の胸にそっとキスして
起き上がり、身支度を整える。

ベッドサイドに座り、彼の髪をなでていると
目を覚ました。


おはよう。


おはよう、起こしちゃったね。
ごめんなさい。


大丈夫だよ。
もう着替えたのか。


ええ。
一度部屋に戻ってから事務所に行こうと思って。


そうか。
まだ早いな。
朝食一緒に食べるか?


ありがとう。
でもまた今度ね。


そうか。
無理はいわないよ。


ゆっくり眠れたか?



彼の目を見て話せなくなって
下を向きながら


うん。
すごく。
安心した。


あのね。


うん?


あなたの胸を感じたくて、
それがこころ残りというか
やり残したことみたいに
ずっと悔やんでいたの。


・・・・・




彼は何も言わず聞いていてくれた。


それを叶えることができて
すごくうれしい。

こころが開放していくみたいにね。



わたしは体を重ねることではなく
抱きしめてもらうだけで
今まで溜まっていたものが
すっと溶けていった。




あなたのことは好き。
これは一生変わらないと思う。

でもね、
今はこれ以上深い関係になれないの




そう言いながら彼女は顔を上げ、
まっすぐ俺の目を見てきた。

その瞳は澄んでいて、
本心を告げていることがすぐ理解できた。

彼女は話を続けていった。


あなたをまた知ってしまったら。
今まで以上に良くなってしまうと思うの。
あなたしか見えない生活になってしまいそうで・・・


彼女の言っていること最初は驚いたけど、
今の俺には理解できた。
成熟した彼女の体・・・

ひとりで歩みだす彼女に、恋愛とのバランスは取れない。
そばで見守ってやることが、今の彼女を愛する方法だと。


よく伝えてくれたね。
大丈夫、わかっているよ。

俺も君のことが好きだ。

いえ、

愛してるよ。


君のことを仕事でもこころでも何でも
いつでもサポートできるように
そばにいさせてくれないか。

そして、いつか君が恋愛と向きあえるようになったら
その時は、体を重ねてもいいか。



彼女の瞳が大きく開いたとたん
突然涙がこぼれてきた。

指でぬぐうこともせず
俺の目を見ながら泣いている彼女。

頬がピンクに染め、肩を震わせ
うれしさが感じられたそのとき

俺は彼女を抱きしめていた。

キツク・・・


あっ。

ごめん。強すぎたな。



体を離すと


ううん。
わがまま言ってごめんね。


大丈夫だよ。
俺もうれしいよ。



彼女の髪をなでていると
いとおしくてしょうがなかった。


あのね、いつかあなたの子供を生みたいと思っているの。
それは結婚という形ではなくてもいいの。
あなたと暮らせなくてもいい。
でも子供が欲しいの。



そんなことまで考えている彼女はいじらしくて
俺はもう今すぐでも彼女を抱きたくなっていた。

でもこれ以上抱きしめると
コントロールできなくなりそうだった。


そっと彼女をベッドに座らせ
少し深呼吸をした。


彼女の涙はもう止まっていた。


ああ、俺もな子供が欲しいよ。

君が生んでもいいと思うときがきたら
二人にとって一番いいと思う選択をして
新しい生活をはじめよう。

それでいいか?

うん。
ありがとう。
しあわせよ。


わたしね、そのうちベビーシッター関連もにも
携わっていこうと思っているの。

子育てをしながら、仕事を続ける女性を応援したくて。
もちろん自分のためにも。


ああ。
いいことだ。

俺は君の人生すべてサポートしていくからな。


はい。

よろしくお願いします。



ペコリと頭を下げた彼女は
笑顔になっていた。


俺も、そんな彼女が愛しかった。


部屋のカーテンを開けると
朝日が昇り、まぶしい光が二人を包んでいた。


出発



服を調え、ベッドを直し
手を取り合って、部屋を後にした。

俺達は今日から再び歩き出す。

彼女をしあわせにしたい。

そう願いながら。




いつか君と

いつかあなたと

また

結ばれる日が来るまで・・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、こういう終わり方なんだ。ハッピーエンドでもないよね?こんな感じのことって現実にもありえるのだろうか?やっぱり物語りはハッピーエンドのほうがいいんだね。そのほうがすっきりする。
けい
2007/02/01 22:20
こんばんは。最後までお読みいただきありがとうございます。けいさんすっきりできなくてごめんなさいね。これはね、ハッピーエンドなんですよ二人のこころは結ばれています。彼女は今、仕事が大事なんです。でも彼も大好き。すぐ結婚となるとまた5年前と同じになってしまいますね。彼女の気持ちを受け入れて、今すぐどちらか答えを出さずに、見守っていくことを決心しました。すてきな男性だと思います。もしわたしが彼女だったら、彼をもう失いたくないから。わがまま言って現実でもありえるかも。彼がいるからがんばれます。でも男性が待ってくれないか・・・(笑)
けいさんへ ひなより
2007/02/01 22:42
現代の女性の生き方には、この選択もあり得るということなのですね。
二者択一でなくても愛を貫くことが出来る・・
出来るのかもしれないけど、結婚の意味というものを、今一度考えてみたい気もします。
けっこ
2007/02/02 00:28
おはようございます。

「愛」には、いろいろな形がありますね。

実感しています♪
さつき
2007/02/02 05:44
おはようございます。「結婚の意味」考えさせられる言葉ですね。彼が伝えた「一番いい選択」の中にもヒントがありそうです。
けっこさんへ ひなより
2007/02/02 08:47
おはようございます。自分だけの、二人だけの「愛」のカタチ。さまざまなことに出会って、今、すごく実感しています。カタチは変化していきます。これからも表現させてくださいね。
さつきさんへ ひなより
2007/02/02 08:50
こんばんわ。
2人の、今現在の最上の結論…そう思います。彼女以上に彼がすご〜く大人だなって思いました。男女の愛には、今は「結婚」以外のカタチも公認されつつあるから…。彼女の仕事が軌道に乗ってからまた新たなスタートが切られるんでしょうね♪
おれれ
2007/02/02 18:40
こんばんは。ありがとうございます。この部屋を出て、再びはじまる二人のストーリー。どんなカタチであれ、きっとすてきな未来が待っていることでしょう。彼は本当にすてきですよね。わたしまで書いていて好きになっちゃいました(S君もそうね笑)次の彼はどんな人かな。
おれれさんへ ひなより
2007/02/02 20:37
二人とも これでひとまわり器が大きくなりましたね (*^-^*)  体を重ねよりも もっともっと大事なものをみつけたのではないかと思います。 次の話も楽しみにしています♪
はなまるぺこ
2007/02/03 18:52
すごく大切なものを育てることができましたね。5年前は離れてしまったけど、お互い歩みよることができて、きっとしあわせになれると思います。
また少し充電して、新しいお話始めますね。
はなまるぺこさんへ ひなより
2007/02/03 20:49
う〜〜ん・・・こういう展開になるとは思っていませんでした〜(^^)おもしろい選択ですよね。最後には子どもも欲しいし・・・っていうのも。現代の働く女性を象徴してるかのようですね。私なら仕事もしながら、彼ともヨリを戻しちゃうな、きっと(^^;)どっちも欲しいから♪
moka
2007/02/04 01:11
おはようございます。そうですね。一般的には彼とまた恋人にってなりたくなりますよね。彼女はね、とても不器用なんですよ。(わたしも?笑)彼のことはこころから好き。でも深く愛してしまうと仕事ができなくなるくらい彼を一途に思ってしまう。悩みながらもこの選択をしました。それを彼がわかってくれて、この先も見守ってくれる。その先は結婚もあるかもしれないし、別姓かもしれないし、もしかしてひとりで子供を育てるかもしれませんね。でもきっとその答えは二人で決めたこと。しあわせな人生になることを願っています。
mokaさんへ ひなより
2007/02/04 10:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘れられない人<続編・彼と彼女最終回> ひなのお部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる